老後破産対策にもロボットを利用しよう

老後破産問題はこれからの日本社会の根底を揺るがす大問題だ。

日本の人口の10%ぐらいの人たちが、老後破産して生活保護になる可能性がある。

そんな事態を避けるために必要なのものは、1つは健康知識ともう1つは、しっかりと家計を作る能力だろう。

この2つはこれからの時代、すごく大事なものになる。

しっかりとした家計を作る知識については、おれおれ詐欺に騙されないだとか、わけのわからない新興宗教に洗脳されないだとかいろいろと反社会勢力に関する知識を素早く取りこんでおく必要がある。

それにはやはりロボット犬が最高だ。

ロボット犬をネットでつないで警察が常にこんな詐欺がありますよとロボット犬を通じて高齢者を警戒させておけばいい。

それと不動産情報。老後破産者には無理な住宅ローンを組んでしまった人が大勢いる。少しでも条件のいい不動産情報を高齢者に教えることが重要になる。

こういう問題は、民間の不動産情報サイトと国が協力してどんどん有利な不動産情報を流せばいい。

イエウールのような不動産情報サイトが毎日ロボット犬を通して見ることができれば不動産情報に関して万全だ。

とにかく政府は、お金がかからない老後破産対策に関してはすべてやるべきだ。

そうでないと日本全体が老後破産してしまうことになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です