認知症対策に最も効くのはオンラインゲーム!?

介護関連事業で最も問題になるのは、認知症のお年寄りをどうやって介護するかということだ。

認知症はこれからの日本社会にとっても最もやっかいな問題の1つになる。これは、何としても事前に対策を練って絶対に認知症にならないように予防策を完璧にしていくことが大事になる。

では1番、ロボットの力を借りて認知症対策をするのに有効な手立ては何かと考えてみると脳を活性化させることを日常とすることだと思う。

ぼけっとしていると認知症はどんどん進行してしまう。常に新しい刺激を与え続けなければならない。

そんな対策をロボットでできるのかと言われそうだが私はできると思う。その有力な手段がオンラインゲームだ。

オンラインゲームは新しいゲームでも古いゲームでも極めて安価にお年寄りに提供できる。月1000円もあれば十分に刺激的な面白さを与えることが可能だ。

政府は認知症対策としてお年寄りに月1000円はオンラインゲームを無料で楽しめるようにすればいいのだ。

そうすれば、今の認知症予備軍の40%は、認知症にならずに健康体を保てるはずだ。

神姫プロジェクトのような刺激的で面白いオンラインゲームを1000円以内で楽しめるようにすれば、お年寄りの老後の楽しみも1つ増えるしオンラインゲーム業界も一気に新産業として日本経済の基幹産業となると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です